クリアネオ 全成分

クリアネオで副作用!?安全性は大丈夫なのか?全成分を徹底調査!

 

口コミで人気のクリアネオ。

 

クリアネオはワキガに有効であると同時に、安全性が高いことも公式サイトでは書かれています。

 

ただ、そうは言っても安全性が高いというのは、公式サイトだから言えることです。

 

本当の安全性というのはやはり気になる部分ですよね。

 

なので、クリアネオは本当に安全なのか?という疑問を解消すべく、今回はクリアネオの全成分を調査してみました!

 

ぜひ今回の記事を読んでクリアネオの安全性をチェックしてみてくださいね。

 

 

メニュー

 

 

クリアネオの全成分の副作用危険度を調査しました!

まずはクリアネオの効果や副作用の危険度をまとめてみました。

 

※★1個:安全~★5個:危険で評価しています。

成分名

解説

副作用危険度

パラフェノールスルホン酸亜鉛 顔の制汗剤でよく使われています。その成分は毛穴から出る汗を抑える効果は持っていますが、敏感肌やアトピーの人には刺激が強いため配合量に注意する必要があります。
イソプロピルメチルフェノール 殺菌作用のある成分です。その効果はニキビの原因菌(アクネ菌・マラセチア菌)を殺菌することができます。強い殺菌効果を持っているとはいえ、肌が荒れてしまう場合があります。 ★★
架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物 口紅によく使われており、W/Oの乳化剤として働いて商品の粘土・安定性を保たせます。 ★★
メチルポリシロキサン 最も代表的なシリコーン油で溶けにくい性質をもった無臭無職の液体です。ベタツキ感が少なく、なめらかな感触を髪や肌に与えます。 ★★
架橋型メチルポリシロキサン メチルポリシロキサンの架橋型の重合体で化粧品原料として使われています。その成分は化粧崩れを防止し、持続力を増す働きを持ちます。 ★★
デカメチルシクロペンタシロキサン この成分は乳液、美容液、ヘアスプレーなどよく使われています。毒性は低いのですが、人の体温ぐらいでも蒸発することがあります。 ★★
PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン シリコーン系の界面活性剤で、主に日焼け止め化粧品の乳化剤として配合されています。その効果は肌にしっとりした感触を付与します。 ★★
セリサイト セリサイトの効果は肌への感触が柔らかく、乾燥させるとパールのような輝きを見せます。ファンデーションなどによく使われている粘土ため毒性はありません。
メチルハイドロジェンポリシロキサン リンス、シャンプーなど様々な用途で使われている成分です。油分のベタツキを抑えて化粧崩れを防ぐ働きを持っています。 ★★
架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体 シリコーン油を架橋重合して得られている球状の粉体成分で、肌のサラサラ感を付与します。皮脂を吸収する作用にも優れます。 ★★
イソノナン酸イソトリデシル 化学合成として軽い感触を持ちます。ファンデーション良く伸ばして、肌をしっとり保つ作用があります。
精製水 コンタクトレンズの洗浄などによく使われおり、不純物を取り除いた純粋な水です。ただ、肌につけたときに保湿しないと乾燥肌になる恐れがあります。
塩化ナトリウム 血液や体液などの成分で、うがいや気管支粘膜の洗浄などに使用されています。配合量によっては悪心、嘔吐、うっ血性心不全などもたらす可能性があります。
クエン酸ナトリウム クエン酸ナトリウムは化粧品に含まれることによって引き締め効果・角質柔軟効果・保湿作用を持ちます。
エタノール 殺菌性が強いのですが、水分とともに皮膜を壊してしまう作用があり肌荒れなどを起こしやすくなります。 ★★
フェノキシエタノール 防腐剤・殺菌剤として化粧品に配合されており、刺激は低めで菌の増殖を防ぎます。 ★★
1,3-ブチレングリコール BGと称されており、多価アルコールの類です。育毛剤などに含まれていますが抗菌性が高く、毒性は低いです。
ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液 一般的なキレート剤として用いられています。その成分は肌への刺激を抑えて、酸化を防止させます。 ★★
ウーロン茶エキス ウーロン茶を抽出した成分です。この成分には紫外線などの刺激によるメラニンの沈着を防ぐ作用を持っており、アトピー性皮膚炎にも有用であるといわれています。
チョウジエキス チョウジのつぼみから抽出されたエキスです。その作用は殺菌、血行促進、防腐効果に期待が高く持たれています。

クララエキス(1) 解熱効果や温補効果、血行促進、抗菌作用があります。漢方薬として服用されることもあるので副作用の問題はありません。
オウバクエキス 抗菌作用、抗炎症作用があります。自然から取れる成分なので副作用の問題はありません。
ラベンダーエキス(1) 抗菌作用、抗炎症作用があります。毒性や刺激性はほとんどありません。安全性が高い成分です。
カキタンニン シミやそばかすのよぼうができたり、収斂作用があります。摂取する量が多い場合は、便秘や貧血を起こす副作用があります。
炭酸水素ナトリウム ピーリング効果や研磨効果、殺菌作用があります。粒子が大きいものは洗顔時の刺激が強く、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。
炭酸ナトリウム 角質溶解の作用があるので角質ケアができます。肌荒れ時は、刺激が強く感じることがあります。
チャエキス(1) 皮膚を保護します。抗酸化作用や収斂作用、消臭効果、美白作用、殺菌作用、抗炎症作用、デオドラント効果もあります。自然から取れる成分なので副作用の問題はありません。
クマザサエキス 保湿力を高め、細胞を若返らせ美肌効果があります。イネ科の植物のため、アレルギーがある方は注意が必要です。
シャクヤクエキス シミ防止や抗炎症作用、血行促進の効果があります。安全性が高く副作用の心配はありません。
ハマメリスエキス 抗炎症や収斂作用があり、肌荒れ防止に効果があります。安全性が高く副作用の心配はありません。
紅茶エキス 収れん作用や保湿作用、消炎作用があります。安全性が高く副作用の心配はほとんどありません。
ドクダミエキス 解毒作用、皮膚の炎症をしずめて肌荒れを防止する効果があります。肌への刺激は少なく、副作用の心配はほとんどありません。
セージエキス 殺菌作用、肌を引き締める効果があります。まれにアレルギー反応や炎症を起こす可能性があります。
ブドウ葉エキス 肌荒れ防止や保湿効果、クスミ防止があります。自然から取れる成分なので副作用の問題はありません。まれに肌にあわず発疹や赤くなることがあります。
ビワ葉エキス 殺菌や抗菌作用、アトピーの症状の緩和があります。ビワにアレルギー反応を起こす人は注意が必要です。
オトギリソウエキス 皮膚細胞活性効果や収斂効果、消炎効果があります。自然から取れる成分なので、安全性が高く副作用の問題はありません。
カモミラエキス(1) アトピーに効果、保湿作用、血行促進作用があります。植物由来で刺激は少ないです。安全性が高いのですが、キク科のためまれにアレルギーを発症する可能性があります。
シナノキエキス 抗酸化作用、リラックス作用があります。まれに肌に合わなくて、炎症やかぶれを起こすことがあります。
トウキンセンカエキス 抗炎症作用や抗菌作用、保湿、血流促進の効果があります。安全性は高いのですが、キク科の植物のためアレルギーを発症する可能性があります。
ヤグルマギクエキス 抗菌作用、皮膚細胞の活性化効果をもっており、肌トラブルを治癒する目的で化粧品に含まれることが多い。肌に合わずかぶれてしまう人もいます。
ローマカミツレエキス 抗菌効果、皮膚代謝促進効果を持っており、肌荒れ対策に使用される。副作用の心配はそれほどでもない。
アルピニアカツマダイ種子エキス 美白効果と肌のターンオーバーを正常にする働きを持ち、副作用の心配はありません。
プルーン酵素分解物 外部からのメラニンの取り込みを阻害する効果を持っており、美白効果が期待できる。副作用の心配はありません。
ヒメフウロエキス シワの原因となる酵素「トリプターゼ」を取り除く効果を持っており、副作用も確認されておりません。
ユキノシタエキス 消炎・抗菌効果や美白効果を持っており、副作用は確認されておりません。
ダイズエキス ニキビ要望、保湿、抗炎作用、美白効果など多彩な肌ケア効果を持っており、大豆アレルギーの人には副作用が現れます。
アマチャエキス 肌の代謝を活発化させ、シワや肌のハリを復活させる効果を持ちます。副作用は確認されておりません。
海藻エキス(5) 保湿効果や保護効果をもっており、副作用の心配もありません。
加水分解シルク液 肌に対しての吸着性が強く、強い保湿効果や美白効果をを持っている。副作用の心配はありません。
水溶性コラーゲン液(4) 肌のハリを整える効果を持っており、若干刺激性が強い。
ヒアルロン酸ナトリウム(2) 保水力に優れ保湿効果が強い。副作用の心配はありません。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 保湿効果、アトピー緩和効果をもっており、副作用の心配はありません。
水素添加卵黄レシチン 高い保湿効果をもっており、天然抽出成分のため副作用の心配もありません。
卵黄リゾホスファチジルコリン 浸透性の高い皮脂成分により高い保湿効果を持つ。副作用の心配はありません。
無水ケイ酸 シワを一時的に改善してくれる効果を持っており、ケイ酸アレルギーの方はアレルギー反応が現れてしまいます。
l-メントール 清涼感を持ち刺激性が強い。
クロルヒドロキシアルミニウム 消臭効果を持ち若干の刺激性を持つ。 ★★
無水エタノール 防腐剤として使用され、若干の刺激性を持つ。

 

全体的にクリアネオは安全な成分が中心でしたが、これらの成分の中から気になった成分をピックアップして解説します。

 

 

クリアネオで気になった成分を解説

 

クリアネオの成分で気になったのは次の2つです。

 

  • PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
  • フェノキシエタノール

 

これらについて簡単に解説します。

 

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンは界面活性剤の一種です。

 

界面活性剤と言うと聞こえは悪いですが、安全性に問題があるのは洗浄目的の界面活性剤です。

 

洗浄目的の界面活性剤は強い洗浄力を持っているので、こちらは注意する必要があります。

 

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンについては、乳化剤としての界面活性剤なので安全性は特に問題はありません。

 

製品の安定のために乳化剤はどうしても必要な成分です。

 

必要な成分ということで、クリアネオでは必要最小限のPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンが配合されています。

 

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは自然由来の防腐剤です。

 

やはり防腐剤というのは気にする方も多いですが、フェノキシエタノールはパラベンより刺激の少ない安全性の高い防腐剤です。

 

それに品質の劣化を防ぐためには、どうしても少量の防腐剤は欠かせません。

 

クリアネオでは防腐剤の中でも安全で刺激の少ないものを選んでいます。

 

この点からもクリアネオの安全性は特に問題ないと考えていただいて大丈夫です。

 

 

クリアネオは安全な成分を中心に配合

 

気になる成分も一部ではありましたが、全体的にクリアネオは安全な成分が中心です。

 

公式サイトにも書かれていますが、クリアネオは無添加・無香料にこだわって作られています。

 

 

余計なものは一切入っていませんので、この点でもクリアネオは安心して使うことができます。

 

また、クリアネオではパッチテストも実施済みです。

 

 

肌への刺激も少なく作られているので安心して使うことができます。

 

また、「それでも心配…」という方のために、クリアネオでは全額返金保証も用意されています。

 

 

初回購入分が返金保証の対象です。

 

  • 定期購入…無期限で返金保証
  • 単品購入…30日間返金保証

 

もしもの時も返金保証が使えるので、安心してクリアネオを使うことができますね♪

 

>>クリアネオの価格比較はこちら

 

 

クリアネオはワキガに有効な成分を配合

 

これまでクリアネオの安全性について解説してきましたが、忘れてはならないのがワキガに有効な成分です。

 

クリアネオはなぜワキガに有効なのか?

 

それはワキガの原因である汗と菌の両方を抑える成分をクリアネオでは配合しているからです。

 

 

イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛、これらの成分はしっかりと効果が認められた有効成分です。

 

ワキガの原因である汗と菌の両方を抑えてくれます。

 

この他にもクリアネオでは植物由来のさまざまな成分を配合。

 

 

これらの成分が臭いや汗に有効に働きかけ、しっかりとワキガの原因にアプローチしてくれます。

 

ということで、クリアネオは安全に使えて、なおかつワキガに有効な成分を配合しているということで、安心してお使いください。

 

もし肌に合わなかったり、効果が実感できなくても、クリアネオでは全額返金保証が付いています。

 

この点も安心してクリアネオが使える理由ですね。

 

>>クリアネオの価格比較はこちら