クリアネオ 顔汗

【顔には使うな!?】クリアネオは顔汗に効果がないのか?

 

クリアネオを使いたいと考えている方の中には、脇汗以外にも顔汗で悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

もしクリアネオで顔汗が抑えることができたら、脇と顔の両方のケアができて一石二鳥ですよね。

 

はたしてクリアネオは顔汗にも効果があるのか?

 

今回は「クリアネオの顔汗への効果」をテーマにお話ししていきます。

 

 

メニュー

 

 

クリアネオで顔汗を抑えることは可能です!

先に結論を言うと、クリアネオは顔汗にも効果的です。

 

理由は汗を抑える成分を含んでいるから。

 

 

クリアネオでは

 

  • イソプロピルメチルフェノール
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

の2つの有効成分を配合していますが、このうち「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が汗を抑えてくれます。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗を抑える効果が認められた「有効成分」です。

 

有効成分は「効果があると言い伝えられている」とか、そういった曖昧なものではなく、はっきりと効果として認められた成分のことを言います。

 

なので、パラフェノールスルホン酸亜鉛はしっかりと制汗効果が認められている成分ということです。

 

汗をしっかり押さえてくれるので、脇汗と同様、顔汗にも効果的と言えます。

 

 

クリアネオは顔に塗っても大丈夫?副作用はない?

クリアネオは天然成分を中心に作られたワキガクリームです。

 

 

安全性に配慮されているので、安心して顔に使うことができます。

 

また、クリアネオではパッチテスト済みです。

 

 

これもクリアネオが安心して使える理由の1つですね。

 

ただ、気になる方は念のため、クリアネオ使用前にパッチテストをしておくことをおすすめします。

 

パッチテストのやり方

  1. 腕や顔などにクリアネオを薄く塗る
  2. 24時間経過を観察する

 

24時間経過を観察して異常がなければ、クリアネオを顔に使用しても大丈夫です。

 

副作用が心配な方は、念のためこのようなパッチテストをしておくといいでしょう。

 

 

クリアネオを顔に使う際の注意点

 

クリアネオを顔に使う際は注意点もありますのでチェックしておきましょう。次の2つです。

 

  • 皮膚が薄い部分には使わない
  • 粘膜部分には使わない

 

まず皮膚の薄い部分についてですが、これはまぶたや唇のことです。

 

直接まぶたや唇に塗るのはもちろんダメですが、その付近に塗るのも控えるようにしましょう。

 

何かの拍子でまぶたや唇に付いてしまう可能性もありますからね。

 

次に粘膜部分。これは鼻の中や口の中です。

 

これら粘膜部分にもクリアネオを塗るのはNGとなっています。

 

中にはすそわきがが気になるからと、粘膜部分にクリアネオを塗ってるという口コミも見かけますが、それもNGです。

 

注意しながらクリアネオを塗るようにしましょう。

 

 

まとめ:クリアネオは安心して顔に使うことができます

クリアネオの顔汗への効果、安全性、使い方などについて紹介してきました。

 

クリアネオは有効成分の働きで顔汗を抑えることもできます。

 

また、クリアネオは天然成分を中心に配合されていますので、副作用の心配もなく、使用の際も安心です。

 

ちなみにそれでも副作用が心配な方のために、クリアネオでは全額返金保証が用意されています。

 

 

初回分に対して全額返金を保証してくれるので、安心して使うことができますよ♪

 

気軽にクリアネオを使い始めてみてくださいね。

 

>>クリアネオの価格比較はこちら